任意売却を扱う会社の社員たち

住宅ローンで、家を購入するという人が多いですが、病気や怪我、会社の倒産など事情によって、金融機関に借りたお金が返せないという場合があります。
世の中には、住宅ローンを払うことができずに、どうしよう・・・と悩んでいる人も多いです。
中には、住宅ローンを払えないにもかかわらず、そのままにしておくという人もいますが、金融機関に相談する方法をとる必要があります。
住宅ローンの支払いが困難な場合、任意売却という方法をとることが多いです。

任意売却の流れについて紹介していきます。
住宅ローンの支払いが確認できなかった場合、金融機関から督促状が送られてきます。
その後、半年以内に納めなかった場合、最終催告書が送られます。
支払いが困難な場合、金融機関に行き、任意売却手続きの申請を行います。
申請後、家を買取ってくれる人を探すという流れになります。

任意売却手続きをするタイミングは、とても大事になります。
タイミングがズレてしまうと、法的な手段を使って資金を回収されてしまいます。
住宅ローンを払えないと分かったら、すぐに金融機関に相談することが大事です。